転落からの逆転

転落したままで終われるか!

カテゴリ: 転売

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000012-jct-soci

スプラトゥーン2の発売で盛り上がってるニンテンドースイッチ
それにあやかってなのかビックカメラが黒歴史を作りました。

1店舗だけならまだしも、複数店舗でこのような不正疑惑が出てくると
もう疑惑は拭えないし、客の信用も落ちるよね。
広報は事実無根としてあやふやにして終わりそう。
事実無根と言ったところで証拠がないし、長い間遺恨が残るだけ。

アホですな。
こんな対応したらPCDEPOの二の舞ですよ。

それより何より任天堂の「品薄商法」も何時まで続けるつもりなのか。
売れるの分かってて出荷を抑えるんだもの。

バンダイの玩具とかもそうだけど日本の大手企業がこんな事やってるのが

「日本終わってる。」

と思わざるを得ない。

今は良いかも知れないけど何時までも続きませんよ?

消費者はバカじゃない。

海外(ama〇on)での購入ルートが出来上がれば
こんな商売で食いつないでる企業はあっという間に見向きもされなくなるぞ?

「並んでれば買えるシステム」を作ればいいのに。
何のための実店舗なのか
オンラインショップに負けてるんじゃないよ!

日本の企業なのに日本人を敵だと思って商売してる。
どこぞのTV局みたくトップはいつの間にか朝鮮人とかなのかね〜?

転売ネタ。

今日は最も初歩的かつ手を出しやすい「フィギュアの転売」について。
まず結論から言うと最近のフィギュア転売は「儲からない」
ほんの2〜3年前であれば割と儲けを出せたのだが最近は全くダメ。

理由として昔のフィギュアはあまり「再販」と言うのがなかったのだが
最近は売れ筋・売り切れのものは直ぐにメーカーが再販する。
再販すると小売店に山積みになり価値が下がる。

これは最初に転売ネタで記事にしたとおりで
「需要と供給のバランスが崩れた時に定価も崩れる」という事。
供給過多となれば定価は下がるし需要過多となれば定価より高騰する。
この法則通り。つまり最近のフィギュアは全般に供給過多。

ただし、隙間はある。儲かる商材が少なくなったという事。

さて、今現在で儲かる商材。
・プレバンの「聖闘士星矢」

今はこれしか言えないかな・・・?^^;
他にもなくはないけどフィギュアは分野が多岐に渡るので
時期や流行りのアイテム等を最新情報のアンテナを張り巡らせて仕入れるしかないかも。

大まかな仕入れ先。
・プレミアムバンダイ
・ホビージャパン公式
・グッドスマイルカンパニー
これらのページから人気のアニメやヒントは隠されている。
キーワードは当然「限定」

あとはネットショップ「あみあみ」や「でじたみん」などの割引が大きい店でポチ。
定価で売れれば、差額分が儲けとなります。
先ほどの聖闘士星矢シリーズは予約受付終了していてネットショップは全滅です。

数ヶ月前まではワンピースの「Portrait.Of.Pirates」も転売屋御用達フィギュアだったのですが
最近はバブル弾けて完全にボランティア商材と成り下がりました。
仮面ライダーシリーズのアイテムも最近は元気がない。

フィギュアは流行り廃りのサイクルが早く、前述の通り最近はメーカーが再販しまくるので
転売商材としてはもうあまり旨くはないかも^^;

昨日に続き転売のお話

昨日は先物仕入れに対してどの品物なら損をしないのか?儲かるのか?
で終わったけど、その続き。

まず始めに「絶対はない」という前提。
ただし、ある程度の予測は付けられるという事。

自分が捌いていて成功に近づけるノウハウを少しだけ公開してみる。
以下の前提の元に仕入れる。

1:自分の得意分野で仕入れる。
2:ゲームは過去の履歴から予測
3:今現在で高騰中のものをネットショップや「足」を使い、くまなく探す

まず1から
これは例えばゲームに詳しければゲームソフトで良いし、コンピューターハードであればそれでもいい。
とにかく自分が普段触れているジャンルであれば自分用に購入するだろうし、
どのパーツがどれだけ需要あるのかも想像つくはず。

例えば最近、自分のブログでも記事にする「ラジコンパーツ」

ホビキンで安く仕入れてヤフオクで1〜2割増しで売るというのも転売の一つ。
ヤフオクみると結構な出品数がある。ラジコン本体からパーツまで。
消耗品であるローターやバッテリーなんかは数売れれば結構な儲けが出る。

普通にホビキンで買えば安いのに、なんでわざわざヤフオクで高い金出して買うのか?

答えは簡単で、海外通販をしない人や直ぐに欲しい人は1割増しでも良いから、、
と、いう理由。一定の需要がある。

これは海外でも扱う商品(例えば楽器とかコンピューターパーツなど)
であれば、どんなジャンルでも一定の需要はある。
弱点は円高じゃないと旨味は少ないという事。
(ヤフオク出品時は基本的に1ドル=100円換算とするが、
今はpaypalレートが101円前後の推移なのでラジコンパーツは少し損をする。1ドル80円だとかなり旨いw)

ホビキンでパーツ頼む場合は少し多めに注文して、余ったらヤフオクで捌くのはアリだと思う。
上手くいくとパーツ代まるまる浮かす事が可能。

PCのグラボやCPUなんかも良いかも。
新型だと国内ショップはご祝儀相場で海外ショップ販売価格の2万程度上乗せされている。
逆に言えば海外通販で入手してヤフオクで売れば国内相場並で落札されるはずなので。。。。
と、いうわけである。

自分もヤフオクで買うこともあるし、相互持ちつ持たれつと勝手に思っている。

注意しなければいけないのは一定の需要はあるが、「一定以上の需要もない」という事。
つまり調子に乗って仕入れすぎて、、、挙句売れ残った。自分が仕入れたモデルが型遅れになった。
にならないように^^;

さて、、、続きはまた、、、

ネタがないので、ちょっとタブーかもしれない転売について語ろう。

「転売」とは一度入手した品物をオークションやリサイクルショップなどで売り捌く行為である。
例えば自宅の押入れに眠っているDVDやCDとか本とか玩具とか・・・
売れる物を現金に変えてしまおう、である。

しかしこれは単なるリサイクル。転売と言えなくもないけど

「転売」と言うと例えば入手困難な限定物(ゲーム)やフィギュアなどを高額でオークション出品する場合も
「それ」に入るけど今回は「それ」を語ろうと思う。

やり方はいたって簡単。

限定物や入手困難な品物を入手してオークションで入手した金額以上で売るだけ。
その差額がいわば「お小遣い」となる。
逆に言うと差額以上で売れなければただの損。

この行為は当然確実性など何もなくて、
例えば今現在(2013/9/16)入手困難とされているDSソフト「モンハン4」などもそうだが
そもそもオークションで高額取引されているものは一般入手もしずらい。
(試しに「モンハン4」をヨドバシとかで検索すれば一発でわかると思う。)

では何時入手するか?
これも簡単で発売時に高騰しそうな品物を予約開始と同時に予約してしまう。

じゃあ「どれが」・「どの商品」が高騰するのか?

ここが一番難しい。
と、いうかこれがわかれば誰も苦労しないw
はっきり言って先物取引になるので確実なんてものは何もない。

一つ言えるのは
「需要と供給のバランスが崩れた時に定価も崩れる」という事。
供給過多となれば定価は下がるし需要過多となれば定価より高騰する。

この辺りの「読み」はどうなるのか?先読みは可能なのか?

・・・続きはまた次回でww

このページのトップヘ