昨日に続き転売のお話

昨日は先物仕入れに対してどの品物なら損をしないのか?儲かるのか?
で終わったけど、その続き。

まず始めに「絶対はない」という前提。
ただし、ある程度の予測は付けられるという事。

自分が捌いていて成功に近づけるノウハウを少しだけ公開してみる。
以下の前提の元に仕入れる。

1:自分の得意分野で仕入れる。
2:ゲームは過去の履歴から予測
3:今現在で高騰中のものをネットショップや「足」を使い、くまなく探す

まず1から
これは例えばゲームに詳しければゲームソフトで良いし、コンピューターハードであればそれでもいい。
とにかく自分が普段触れているジャンルであれば自分用に購入するだろうし、
どのパーツがどれだけ需要あるのかも想像つくはず。

例えば最近、自分のブログでも記事にする「ラジコンパーツ」

ホビキンで安く仕入れてヤフオクで1〜2割増しで売るというのも転売の一つ。
ヤフオクみると結構な出品数がある。ラジコン本体からパーツまで。
消耗品であるローターやバッテリーなんかは数売れれば結構な儲けが出る。

普通にホビキンで買えば安いのに、なんでわざわざヤフオクで高い金出して買うのか?

答えは簡単で、海外通販をしない人や直ぐに欲しい人は1割増しでも良いから、、
と、いう理由。一定の需要がある。

これは海外でも扱う商品(例えば楽器とかコンピューターパーツなど)
であれば、どんなジャンルでも一定の需要はある。
弱点は円高じゃないと旨味は少ないという事。
(ヤフオク出品時は基本的に1ドル=100円換算とするが、
今はpaypalレートが101円前後の推移なのでラジコンパーツは少し損をする。1ドル80円だとかなり旨いw)

ホビキンでパーツ頼む場合は少し多めに注文して、余ったらヤフオクで捌くのはアリだと思う。
上手くいくとパーツ代まるまる浮かす事が可能。

PCのグラボやCPUなんかも良いかも。
新型だと国内ショップはご祝儀相場で海外ショップ販売価格の2万程度上乗せされている。
逆に言えば海外通販で入手してヤフオクで売れば国内相場並で落札されるはずなので。。。。
と、いうわけである。

自分もヤフオクで買うこともあるし、相互持ちつ持たれつと勝手に思っている。

注意しなければいけないのは一定の需要はあるが、「一定以上の需要もない」という事。
つまり調子に乗って仕入れすぎて、、、挙句売れ残った。自分が仕入れたモデルが型遅れになった。
にならないように^^;

さて、、、続きはまた、、、